2000年9月24日
釣行記 最後の挨拶〜

 

シーズン最後の単独釣行は梓川水系、飛騨川水系、木曽川水系とホームグラウンドにしている水系のハシゴをする事にした。

今年もお世話になった川に最後の挨拶だ。

 

まず早朝、梓川水系の某堰堤へ...

思った通り先日から今も降り続く雨で満水状態になりライズも散発となっている。

とりあえずその中でもライズの多い流れ込み付近で始めた。

ライズを狙うとどんどんライズが遠ざかるという状況で全く相手にされない。

ライズしてなかったが流れ込みの流れの速い所を狙うと出た。

20cmほどだったが綺麗なアマゴだった。

その後は堰堤プールに見切りを付け流れ込む川を釣る事にした。

以前から気になっていたが、この雨で遡上している魚がいるかもしれないと思った。

要所要所で反応があるが釣れてくるのは15〜18cmくらいのアマゴとイワナ。

釣り昇ると少し小さな堰堤がある。たぶんその辺りで何か起こるはず。

堰堤が見えてきた。少し慎重になり流れの緩い瀬を流した時、突然フライが消えた。

あわせるとフッキングこのような小溪には不相応な引きが伝わり、もしかしたらと予想していても、少し焦ってしまった。

そしてドタバタしながらネットインしたのは28cmの綺麗なアマゴ。

さらに期待して堰堤の下を狙って見たが、ここでは何も起こらず場所を移動する事にした。

 

移動先は飛騨川水系のとある里川、天気もいつのまにか晴れて気持ちよく遡行できたが小さな魚が突っついてくるだけで、この場所では15cm以上の魚を釣る事はできなかった。

気がついたらもう昼になっていたので急いで峠越え、木曽川水系に向かう。

 

木曽川水系のいつもの川、あの工事現場はこの増水で砂が流され、もしかしたら良いかも...

行ってみたら思った通り砂で埋まっていた石も元通りになって川も綺麗になっていた。

ライズでも起こらないかと思ってみていたら、流れ込みがなんか濁っている。

見る見るうちにその濁りはプールに広がった。

何事かと思って少し上流を見たら休日なのに川を掘り返しているのが見えた。

やっぱり駄目か...

 

昼寝の後、急いで川に入る。また寝坊してしまい17時を過ぎてしまった。

イブニングのライズは散発で数も少なかった。

小さな魚が時々突っつくが、まあまあのサイズは18cmのアマゴ1匹のみだった。

なんとも諦められずダウンでフライをスイングさせた時、一度ドスンとアタリが伝わってきたがフッキングせず、後ろ髪を引かれる思いで今シーズン最後のこの川の釣りを終えた。

 

−完−