2001年2月4日
釣行記 〜やっぱりライズ無し

 

この日は長良川はお休みして、お世話になっているローマンキャンプ場の管理人さんを訪ねた。

朝方に到着し川を見に行く。

ライズは無い。

まあ、解禁日からライズはあったと言う事なのでお気楽に考え車に一度戻る事に。

途中、管理棟の前に管理人さんを見かけたので管理人さんに挨拶するとTM30さんがその傍らにいらっしゃいました。(ビックリしちゃって失礼しました)

焚き火の前で暫し歓談。

暫くすると続々と釣り人が押し寄せ、「まだライズは始まらないだろう?」と思いながらも焦りだし、TM30さんに続いて僕もそそくさと支度を始めることに...

川原に行くとやはりライズは無かった。

TM30さんは解禁日にウエットの味を覚えたらしくさっそく釣りを始めたが僕はどうしても最初はドライで釣りたいのでひたすら待っていた。

しかし11時を過ぎてもライズは無かった。

TM30さんは何度かアタリが有ったみたい。

そうこうしている間に周りは人だらけになり一度川から上がって管理棟でコーヒータイムとなった。

今日は朝冷え込んだので魚も表層まで出ていない感じだった。

このままかな?

またしてもボウズが目の前をちらついてきたが、そんな雑念を振り払うようにまた川へ向かった。

そして...

やっぱりライズは無かった。

かなり待った後、散発で2、3度ライズが有ったがそれだけ...

痺れを切らしついにドライを闇雲に流してみたがやっぱり駄目だった。

それではと、ドライをキャスト後、強いリトリーブで沈ませウエットモドキを演出して見るがこれも駄目。

ええぃ!そこには初心も忘れてウエットを結んでいる僕がいた。

下流のプールの流れ込みをこれで流してみたがにわか仕込みのウエットでは到底釣れない、当たらない。と思ったら...

コツ、ん〜、なんかあたったかなぁ〜って言うのが一度あった。

淡い期待が一気に高まり、それから何度も流してみたのだが...

気のせいだったかなぁ〜。

その後、最初のプールへ戻り同じ事をやってみたがやっぱり駄目だった。

こんな中で唯一、爆釣していた方がいた。

北海道からお越しのさんは底の方にへばり付いている魚を次々に釣っていました。

う〜んTHE−Oさんみたい。

僕にはウエットと言うよりサイトフイッシングに見えたけど良く解かりませんでした。

と言うわけで、この日は夕方から用事がある為14時で終了。

結局またボウズでした。

まだ解禁後2回目だけどライズに恵まれません。

2度有る事は3度有るって言うけど、「こんなジンクスぶち破ってやる」と誓い帰途についたのでした。

 

−完−