2001年2月14日
釣行記 〜待ち焦がれたライズの釣り

 

この日はTHE-Oさんと、付知川へ向かった。

前回はライズが無くほとんど1日ライズ待ちで終わってしまったが最近はかなりライズが有りおまけに超スレスレだという。

ライズ待ちの釣りが続いていたのでライズが有ればそれだけで嬉しいのだが釣れればもっと嬉しい。

まあ、スレスレでも何とかなるだろうと思っていた。

 

8時ごろローマンキャンプ場に到着。

管理人さんに挨拶し川の様子を聞くとまだライズが無いとの事なので暫く管理棟で最近の様子を聞いたりしていたのだが、ふと外を見るとなんと雪が降っている。

今日は曇り後晴れで雪が降るとは思って無かった。

THE-Oさんと二人で釣りに行くと必ず雪が降ると言うジンクスはいまだに健在。

僕も御祓いしないといけないかも?

 

9時になりそろそろライズが始まっているかなと思い川を覗くと散発でライズが有る。

さっそく準備して川原に立った。

プールの下流側が何時もは良いとの事なので、そこで待っていた時、ふと流れ込みのほうを見ると続けてライズしているのが見える。

連発のライズを見るのは久々で気がついた時には僕は一目散にその場所に向かっていた。

その場へ行って見るとかなりのライズだった。

解禁後やっと出会えたチャンスに僕の顔はニヤケていたに違いない。

さっそく釣りを始めるがやっぱり超スレスレで反応はするのだがフライには出ない。

ダウンだとドラックがかかり易いのでサイドからティペットを逆U字にして流したいのだがなかなか上手くいかない。

何度もやって上手くいった時にアタリが有った。

しかし、アワセると手ごたえが無いまま空振り。

そしてまたライズ。

だんだん熱くなってきた。

暫くすると、またアタリが有ったが同じように空振り。

タイミングは合っているように感じるのだがまったく手ごたえは無かった。

むきになって釣っているとまたアタリ!

今度はちょっと手ごたえがあったがやっぱり乗らない。

かなりスレているみたいで難しいけど久々のライズは楽しかった。

しかしこの頃から時々日が差すようになり太陽光線が水面を照らし出すとライズも止んでまた日が陰るとライズが始まると言うパターンになる。

 

暫くして、日が陰った時、下流側でもライズが有りそれを狙うとやっと出た。

慎重に寄せ、ネットに納める。

解禁後やっと釣る事が出来たこととOld-Riverさんに作っていただいたネットを初めて使う事が出来て本当に嬉しかった。

ストマックを取って見るとユスリカの他にカワゲラのフローティングニンフがかなり入っていた。

そして少し上流側で釣っていたTHE-Oさんもこの後すぐに釣り上げたのだが、そのストマックの内容も同じだった。

僕のフライは#17と大きいけどこの水温でも流下があるカワゲラを意識する事はこの時期の釣りを有利に進めることが出来るのでは...

 

昼近くなるとカワゲラが川面を飛ぶようになり、ユスリカのハッチもピークを迎えたみたいだった。

しかし天気も良くなりライズも無くなってきたのでルースニングに切り替えたのだが自然河川の流水の釣りでルースニングで釣ったためしの無い僕には釣れる気がしなかった。

適当に流してピックアップしようとした瞬間、手元にググッとアタリ。

アマゴが掛かってしまったがスレでした。

この後、少しずつプールは山の陰になり暫くするとまたライズが始まる。

僕は相変わらず少し大きめのフライを使っていたのだがほとんど反応しない。

いろいろとフライを替えて見たが結果は同じ。

ただサイズは#17ばかりだった。

THE-Oさんは黒い22番くらいのミッジに反応があるとの事だったのでこの日手持ちフライ最小の#21ライトスルーCDCカディス(ピューパ)に付け替えた後の数投目、魚がライズしフライを吸い込んだ。

すかさずアワセると心地よい魚の引きが伝わってきた。

午前とは捕食しているものが違うのではと思い、ストマックをとって見ると、今度は大量のブユが出てきた。

どうりで、大き目のフライには反応しないはずだ。

情けない事にこのフライは一つしかなかったので水分を取り続けてやろうとしたのだがライズは少なくなってしまった。

 

ちょうどこの頃スコッチさんが駆けつけて僕らが遅めの昼食を食べている間、ウエットで釣りをしていた。

暫くすると竿が曲がり見事フッキング!

使っているフライはニンフだったが今年はウエットの釣りが熱そうだ。

なんかおいてかれそう??

イブニングになるとプールの下流で無数のライズが広がり始めた。

僕は、熱くなって狙ってみたが一度リトリーブしたフライにアタリが有っただけで終わってしまった。

イブニングはまた捕食しているものが違っていたのかもしれない。

気になるなぁ〜

 

と言うわけでこの日は終了しました。

RO-MANさん、本当にお世話になりました!また行きますのでよろしくです。

THE-Oさん、リベンジ行きましょうね!

そしてスコッチさん、いくてー!

 

 

−完−