2001年3月18日
釣行記 〜忍野

 

3月のこの時期に忍野へ行くのは何年振りだろう?

今日は会社の先輩のYさん、後輩のS君との釣行。

この3人で以前は良く釣りに行ったものだが二人とも最近は忙しくここ数年単独釣行が多かった。

限られた小遣いの中で忍野へ行けるのはこの3人で割勘のおかげ、誘いが有った時は二つ返事でOKした。

 

明け方久々の忍野へ到着。

天気は曇っていたが天気予報では晴れるとの事。

少し仮眠のあと自衛隊橋から入ることにした。

もうすでにライズが有りさっそくフライを流して見るがすでにスレて来ているみたいでなかなか反応しなかった。

(後で聞いた話では土曜日の人出は凄かったみたい)

岸際でライズしているので完全なダウンでティペットを沈めて流すとやっと反応した。

アワセると釣れたのはまあまあの大きさのニジマス。

次のライズを狙っていると雨が降り出した。

その雨とともにライズもなくなってしまい自衛隊橋の少し上流にある護岸へ移動、流れの中を見ると何匹もの魚が見える。

去年THE-Oさんから戴いたフライを思い出しさっそくフライチェンジ。

そのままでは沈まないのでウエイトをティペットに取り付け自然に沈下させながらフライを魚の目の前に流すと何の疑いもなく魚はフライを咥えた。

去年、このフライを戴いた直後、ニジマスがフライを引っ手繰るように釣れた事もあり、このフライの効果は素晴らしいと思った。

このフライは2個有ったのだが1個目は1キャストで紛失していたので慎重に次の魚も狙う。

次も引っ手繰るようにと言うか魚が数匹いるところを流すと奪い合うようにフライを咥える。

こんな感じでこのフライだけで8匹も釣れてしまった。

本当に素晴らしい!

僕も今度作らないと...

ただ雨が止み日が差し出すとティペットを見破るのか反応は厳しくなったので場所を移動する事にした。

 

それにしても朝はそれほででもなかったのにいつのまにかあらゆるポイントに人があふれ返っている。

予想していたけどこれほどとは...

でも、解禁間もないと言う事であらゆるポイントに魚は入っていた。

こんなに魚がいる忍野は始めて見るような気がする。

川底にも藻がかなり回復してきた感じだ。

 

テニスコート裏まで歩いて行きふと川底を見ると巨大なニジマスが泳いでいるのが見えた。

先ほどのTHE-Oさんから頂いたフライを流すと1投目から、そのニジマスは疑いもなくフライを吸い込んだ。

それからそのニジマスは川を下流に下りUターンして対岸側を今度は上流に上りだして動かなくなった。

この場所は足場が高く手持ちのネットではすくう事が出来ない。

八方塞で困っていると通りかかった方から「ネットを使ってください」とのありがたい申し出があり動かないニジマスを寄せにかかる。

(本当にご迷惑おかけしました。ありがとうございます)

ニジマスは少し抵抗したが何とか岸際まで寄せることが出来た。

ぎりぎりネットが届く距離まで寄せ、その方がネットを差し出したが魚が大きすぎネットに入らない。

挑戦3回目、頭からネットにいれた瞬間ロッドが急に軽くなった。

ティペットは0.3号だったので貴重なTHE-Oさんフライがこれで無くなってしまったかと思ったがフライは無事だった。

きっとネットに入れる時にテンションが少し緩み外れてしまったのだろう。

ネットを貸して頂き取り込みを手伝って頂いた方は残念そうだったが、僕は魚を逃がした悔しさはあまり無く、それよりもフライが無くならなかったので実はホッとしていた。

 

その後、釣堀の辺りまで行って見たが何処も人だらけだったので釣堀の少し下の橋の辺りで釣りをする事にした。

ここら辺は魚影が濃かったが岸には木が植えられているので釣りにくく貴重なフライを無くさない為に自分で巻いたフライで挑戦することにした。

なかなか反応は厳しかったがしつこく狙うとフッキング、しかしすぐにティペットが切れてしまう。

そんな事が続き、木にも引っ掛けたりして手持ちのフライはどんどん無くなっていった。

そんな時、かなり下流(パチンコ屋さんのあたりの釣り橋)に入っていた先輩がやってきた。

聞けば80cmくらいのニジマスを釣ったとのことでかなり興奮気味にその時の話をしていた。

僕と同じように通り掛かった方に魚を取り込んで貰ったみたいでネットのサイズが大きかった事もありランディングも成功したみたいだ。

 

この後はニンフの釣りも飽きてきたのでライズを探して見た。

この日は朝、ニジマスと、ブラウン、(おまけにウグイ)を釣っていたが、まだヤマメとイワナを釣っていなかったので出来ればヤマメを釣って見たかった。

そうしていると先輩がライズを発見、僕もすぐその上流でライズを見つける事が出来た。

どちらもヤマメだった。

捕食しているものはなんだか分らないが何時ものフライで大丈夫だと思いドラックフリーだけを心がけると、そのヤマメはパクリとフライを咥えた。

この場所も足場が高かったので取り込める所まで移動しネットにいれる。

釣れたのは結構綺麗なヤマメだった。

その後、先輩にもヒットしたがこちらは狙っていたヤマメではなくニジマスだった。

ヤマメの上をフライが通過しようする時、横から引っ手繰るようにフライを咥えたそうだ。

先輩は少し残念そうだった。

 

もう昼もだいぶ過ぎてお腹が減ってきたのでフィッシャーマンズテラスで食事を取る。

しばらく食事&休憩をして休んだ後は、この場所から自衛隊橋までをやってみようと言う事になった。

しかし、この辺りも人が多く入れる所が無い。

結局自衛隊橋まで来てしまった。

堰堤下の流れには魚影が確認できたので先輩と大型ニンフを使っての釣りを試みた。

何度も流していると先輩にまずヒット!

今日始めて見るイワナだった。

僕もイワナが釣りたかったので、しつこく流しているとやっとヒット、釣れたのはイワナでこれでサイクルヒット達成!と思ったのもつかの間、またしてもティペットが切れてしまった。

もうまともなフライは無い。

実はTHE-Oさんから頂いたフライも釣堀の辺りでアワセ切れの為に無くなっていた。

イワナは諦めて堰堤上を覗くとすでに両岸はフライマンであふれ返っている。

何とか入れる場所を探して川を見ると対岸の辺りで定期的にライズをしていた。

ただ中央の流れの為にフライにはドラックがかかりやすくなかなか上手く行かない。

ドラックフリーは瞬間で終わってしまうのでフライを落とす場所を考えメンディングでティペットを素早く沈め僅かな距離だけドラックフリーを確保した。

ドラックが掛かるであろう位置はちょうどライズしていたところ。

何度も挑戦し、やっと上手く行った時その魚はフライを咥えてくれた。

やっと釣れたのはヤマメだった。

 

この場所で釣りをしているとき下流からかなりの人が帰っていくので堰堤のすぐ上を見ると少し空いている場所があった。

ここは釣りづらいので、その場所へ移動する。

こちらはライズが多かった。

しかしライズに対してサイド、または少しアップ気味になる為、フライ先行は難しくなかなかアタリが無い。

それでもしつこく流しているとやっとアタリが有り上手くフッキングさせる事が出来た。

ニジマスだった。

 

この頃になるとだいぶ暗くなってきていたのでこれで終了。

今日はそれほど疲れるような要素は無かったように思えるのだが、この頃にはかなり疲れがでていた。

帰りの車の中では後輩に運転を代わり自分は眠ってしまった。

月1は、2人共釣りに行きたいとの事なので次回は4月、旬を求めて釣りに行こうと言う事になった。

お二人ともお疲れさまでした。では次回の○川を楽しみにしています!

 

最後にネットを貸して戴いた方にはご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

取り込みを手伝って戴き本当にありがとうございます。

やはり忍野では柄の長いネットは必需品だと痛感しました。

次回忍野へ行く時は必ずロンググリップネットを持っていこうと思います。

 

 

PS:次週、僕は夢のヒカリを釣りに気仙川へ行きます!!

 

−完−