2001年4月1日
釣行記 〜春の息吹〜

 

天気予報は前日に雪が降りこの日は冷え込むことを伝えていた。

厳しさは分っていたがなんとかなるだろう。

気合を入れて出発!・・・と思っていたら寝坊して起きたのは6時だった。

近場にしようかとも思ったがここは気合を入れなおし予定通り木曽へ向かう。

途中、木曽猫さんからTELが有りイブニングの有望ポイントを教えてくださるとの嬉しいお言葉。

二つ返事でご好意に甘える事にした。

待ち合わせの場所で待っていると木曽猫さんがいらっしゃって、さっそく有望ポイントへ移動。

着いて見るとそこは今まで「たぶん溪魚はいないだろう」と思っていた場所でホームグランドの木曽川でもまだまだ知らない事が沢山有る事を痛感した。

きっと一生かかってもこの水系のすべてを知る事は到底無理だろうと思った。

木曽猫さんは流れのどの筋でライズが有るか?他の有望ポイントは何処か?を細かく教えてくださった。

僕はイブニングを何処でやるか決めていなかったが、此処でやってようと思い、その事を木曽猫さんに告げると、とりあえず当初予定していた川に向かった。

 

10時頃、目的の川に到着。

真っ白な世界を想像していたが意外にも雪は融けておりそれほど寒くは感じなかった。

だが釣りを始めて見たもののユスリカのハッチが少量有るだけでライズは無い。

しかし水温を計って見ると6度も有る!

この川は涌水があるため水温は結構高いみたいだ。

もう少ししたらライズが有るかも?と思ったが、とりあえず釣り上る事にした。

木曽猫さんによると先週はライズが無い中でもドライで結構釣れたらしい。

釣り上りながら、その時と同じような展開になる事を期待していたのだが、ここぞと言うポイントでもアタリは無くもちろんライズも無かった。

そしてそれに追い討ちを掛けるように雪が降り出した。

雪は少し止んで太陽が顔を出したかと思うと急にまた強く降りだしたりして最初から吹いていた風と共に僕を苦しめた。

そうこうしている間に堰堤の下に到着、もう少し上流の堰堤までをこの日は予定していたが、もうその場所が近づいている。

少し焦りがでてきたがここは例年実績のあるポイント。

ここなら出るかもしれない。

少し慎重にフライをキャストする。

プールの下流側で流れの筋にフライを流すとパシャッといってフライにアタックが有りすかさずアワセると小さなアマゴが釣れていた。

12、3cmとちょっと小さいけど綺麗なアマゴでとりあえずホッとする。

次に流れ込み横のブロック横にキャストすると、またアタリが有り同じサイズのアマゴが釣れた。

さて、今度は本命ポイント。

二つの流れ込みがぶつかり合う所を狙う。

ここは何時も魚が付いているポイントだ。

キャストすると流れが強めなのでフライを見失ってしまった。

もう一度やり直そうとピックアップしたら手元に魚信が伝わってくる。

ビックリして手繰り寄せると18cmほどのアマゴだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから次の堰堤まで釣り上りその上流も少しやってみたが反応は途絶えてしまった。

この頃には雪も止み春の日差しが差し込んでいた。

釣りを止めて少し散策して見るとそこかしこに春の息吹が顔を覗かせている。

もう少しでこの溪にもベストシーズンがやってくる。

それを肌で感じられたのは、少し嬉しかった。

次に訪れる頃にはカワゲラが飛ぶ川でのんびりライズと戯れることが出来るだろうか?

    

 

   

 

 

 

そろそろイブニングポイントに戻る時間が近づいてきた。

国道は渋滞していたが何とか予定の時間前に現地に到着。

木曽猫さんに教えて戴いた流れの筋にはライズは無い。

木曽猫さんによるとライズが無くても流せば出るとの事だったので行く筋も有る流れの一つ一つにフライをキャストしてみたが反応は無かった。

少し暗くなってきてもこの日はライズはなかった。

暗くなる直前、別のポイントにも行ってみたがこちらもライズは無さそう。

今日はこれで諦める事にした。

終了後、木曽猫さんにTELをすると木曽猫さんもイブニングに川を覗いてみたが雪代による増水と低水温(5度)で今日は釣りはしなかったとの事。

(昼間、釣りをした川はかなり標高が高いが本流のこの場所の方が水温が低い!)

この日は前日の雪の影響をもろに受けてしまった感じだ。

しかし春は少しづつ近づいている。

今回はちょっと不運だっただけ。

これに懲りずぜひ次回も訪れてみたいと思った。

 

帰りは19号線は大渋滞!

雪が降った事も有りスキー客復活!(泣)

もう4月、渋滞は無いだろうと思っていた僕が甘かったです。

 

 

〜最後に〜

   木曽猫さん、今回は大変お世話になりました。

   本当にありがとうございます。

   次回はぜひご一緒してください!

 

−完−