2001年4月21日
釣行記 〜難攻不落〜

 

快調に飛ばして蒲田に着いたのは7時前だった。

この日は道観松堰堤に入る事にしていたが道路からプールを見るとライズは散発。

そのうち始まるだろうと思い、とりあえず支度をして川原に降りた。

心配された雪代もほとんど無視して良い程度で瀬でもいいかな?と思ったがこのままやる事にした。

流れ込み側のライズは散発だったが流れの無いプール側では結構ライズしている。

こちらを狙う事にする。

ライズより遠くにフライをキャストしリトリーブでティペットを沈めるとアタリが有りヤマメが釣れた。

その後も数匹追加。

今度は流れ込みに行って見ると流れの中で時々ライズをしている。

フライを流すと反応がありフッキングミスも多かったがヤマメを数匹追加。

今日は調子が良いみたいだ。

釣りつづけているとライズも無くなりアタリも遠のいたのでプール側の流れ込み?に移動。

ここでも少し遠いが頻繁なライズが有る。

 

少しロングキャストで狙いやはりティペットを沈めると良く反応する。

1匹ヤマメを釣った後、クリフさんよりTELが有った。

この日は本当はご一緒する予定だったがクリフさんのご都合でこの日は長良川との事。

僕の方の好調を伝えると本当に残念そうだった。

(連休はぜひご一緒しましょう)

この後、同じ場所で26cmのヤマメを含む数匹を追加。

ライズも少なくなったので流れ込みに戻る。

またライズが始まっていて少し渋くなっていたがまた数匹釣る事ができた。

11時になっていた。

この日も寝ずに来たので昼寝をする為ここでいったん終了。

10匹釣る事が出来たのでとりあえず満足していた。

 

イブニングは下流のプールに入る事にしていたが一応、先週蒲田へ来た方からいただいた情報の場所も覗いて見る事にした。

しかしその場所には餌釣り師が2名入っていたので今回はパス。

予定通り下流に向かい道路の横に車を止めて昼寝となった。

 

15時過ぎに目覚ましの音で起きて目的のプールに向かう。

流れ込みを見るとかなりの数の魚がライズしている。

ポジションに迷ったがドラックが掛かりにくいと思い流れ込み側に入る事にした。

流れに乗せてフライを送り込むとアタリが有るがフッキングしない。

ライズをしている場所は幾筋もの流れの重なって複雑な流れを形成している。

フライの微妙なドラックがフッキングを悪くしている感じがした。

何度もキャストし上手く流れたなと思った時、アタリが有りやっとフッキング成功。

ヤマメだった。

しかしまぐれで上手く流れただけで完全なドラック回避は難しく感じた。

サイドから狙ってもたぶん手前の速い流れでドラック回避は難しい。

もう一匹何とか釣る事が出来たがあとはフッキングミスの連続。

暗くなる直前まで同じポジションで粘ったがこの2匹だけで終わってしまった。

 

暗くなってきてもうドライフライが見えにくくなってきた時サイドにポジションを移動。

先ほどまでライズしていなかったプール下流でもライズが始まっていた。

幾筋かの流れ全てでライズが有りフッキングをミスするたびに狙う筋を変えてるのだがアタリが有るだけでフッキングしない。

フライも見えなくなってきたので#11のエルクヘアーカディスに最後はチェンジ。

このフライにも流すたびにアタリが有ったが結局フッキングさせる事が出来ずにこの日は納竿。

午前中の好調が嘘のようなイブニングの釣りで欲求不満が溜まってしまった。

流れが複雑なあのポイントのライズを上手く釣リたい!

このリベンジを何時かしてやろうと誓い川を後にした。

 

−完−