2001年4月29日
釣行記 〜チャンス!〜

 

この日はゆっくり起きて飛騨川方面に下見に行く予定だった。

次の日はRustyさんとHoffmanさんをガイドする予定だったので下見をしておきたかった。

しかし、朝起きると嫁さんが頭が痛いと言う。

熱を測るとそれほどでも無く大丈夫かと思ったがこの後さらに症状が悪化するかもしれない。

下見の後はRustyさん、Hoffmanさんと合流し車中泊で翌々日までご一緒する予定なので、とりあえず午前中は看病を兼ねて様子を見る事にした。

昼近くになり嫁さんが「もう大丈夫だから行って良いよ」と言ってくれたので意を決して飛騨川方面に向かう事にする。

何か有ったらすぐにTELするように伝え、TELが有ったらRustyさん、Hoffmanさんに事情を話し急遽、家に戻るつもりだった。

 

飛騨川水系の翌日入る予定のポイントに着く頃には雨が降り出していた。

川を見ると散発だがライズが有る。

去年はもっと沢山のライズが有ったのだが...

ライズが少ないのは気がかりだったが、とりあえず上流に向かう事にした。

すぐ上流にあるプールを見てみる。

するとバッシャーンと流芯で派手なライズが時々有りその下流でもライズが有る。

結構良いかも(^.^)

それから、また上流に向かい要所、要所にあるプールを見て行くとどのプールでもライズが有った。

問題は雨で明日までの雨量がそれほどでもなければかなり期待が持てそうだ。

この川は合格、とりあえず別の川を見に行く事にする。

 

とあるダムのインレット、道路の上から覗くとライズが見えた。

そのライズは遠目にもかなりの大物と判るライズで下見のつもりでここで少しやってみる事にする。

近くに行くと思った通りどのライズもかなりの大物、全て尺上っぽい。

そしてその半分は下手をすると40cmクラスと思われた。

ライズまでの距離は遠いもので30ヤード以上、近い物は10ヤード以内で何とか狙えそうだった。

さっそくライズをしていた地点にキャストをしティペットを沈める為に少しフライを引っ張ってみる。

繰り返す事数投目、10数ヤード先の引っ張ったフライの向こうにその距離でも視認出来るほど大きな魚影が見えた。

ゆっくりフライに近づいてくる。

まだティペットは沈みきって無いので、すかさずもう一度フライを引っ張った。

するとその魚がフライ直下あたりに近づいたと同時にフライは小さな波紋を残して消えた。

ティペットが完全に沈んだ時にフライはリトリーブにより沈む為、最初はそのせいかと思ったが不自然な波紋にハッとして聞き合わせを入れる。

するとグッと一瞬の感触のみ残してロッドは軽くなった。

一瞬放心状態...

あの魚はフライを咥えていたみたいだ。

中途半端な合わせをした事が悔やまれたが後の祭り、掛かりが浅くすっぽ抜けてしまったようだ。

 

周りではまだライズが有る。

気を取り直してまた狙って見たがライズはクルージングしておりライズ後すぐにキャストしてもなかなか反応は無かった。

一度完全にフライを沈ませてリトリーブしていたら手元にグッとアタリが有ったが今度は合わせ切れ。

結局他の場所も見て見たかったので後ろ髪を引かれながら上流に向かう事にする。

この場所へは毎年来るがあんなに大きな魚のライズにはなかなか巡り合う事が無く数少ないチャンスを物に出来なかったのが本当に悔しかった。

きっと近いうちにリベンジしなければ...

 

そして上流の有望ポイント。

そのポイントを見て呆然としてしまった。

堰堤下の深みはテトラで埋められ去年の面影など何処にも無い。

ためしに少しやって見たがチビアマゴが釣れてきただけだった。

 

とりあえず他にも下見をしておきたかった所は有るが暗くなったのでここで終了。

家にTELしてみると症状は変わらないとの事。

症状が悪くなって来たらすぐにTELするように伝えRustyさんにTELをする。

もうこちらに向かわれているとの事で近くまで来たらTELしていただくように伝えた。

そして仮眠しているとTELが有りもう少しで待ち合わせ場所に着くとの事なので僕もその場所に移動をする。

待ち合わせ場所で少し待っているとRustyさん、Hoffmanさんが到着。

軽い挨拶を交わしとりあえず車中泊できる場所まで移動し暫しの談笑。

Rustyさんは話が面白く思った通りのお笑い系でm(_ _)m、Hoffmanさんは物静かな中にFF暦20年のキャリアからかオーラが感じられた。

雨はまだ降っていて翌日の水量が心配だったが明日の好釣果を期待して眠りについた。

 

PS:嫁さんは次の日は少し頭痛がするだけで平熱に戻り、翌々日には完全に回復しひと安心でした。

 

−完−