2001年7月15日
釣行記 〜潜水艦イワナの川〜

 

朝目覚めると爽やかな空気が心地よかった。

昨日の疲れもそれほどでもなく宿でゆっくり食事をしてから出発。

宿から下界に広がる景色は美しく遠くには葛根田川が光っていた。

今日はどんなドラマが待っているのだろうか?

最初、昨日イブニングを予定していたのだが増水の為に断念したポイントに向かった。

しかし、あまりの暑さに断念。

盛岡市を抜け予定通り今日の目的地である閉伊川水系に向かった。

この水系にはとても気になる川がある。

昔、訪れた時は尺クラスのイワナが川底からゆっくり浮上してきて静かにフライを咥えるシーンに何度も遭遇した。

その時は一部始終が見えすぎてアワセミスばかり連発し尺上を釣る事が出来なかったが25cm以上のイワナが数多く釣れたのを覚えている。

 

目的の川に到着し様子を見ると濁りが入っていた。

少し不安になるが以前入った上流部なら大丈夫だろうと思い、別の川に向かうHardyさん、Rustyさんと一度お別れしTHE-Oさんとさらに上流に向かう。

以前は確か沢伝いに川へ降りた記憶があるがその場所をはっきりと思い出す事はできなかった。

以前入った区間に本当は入りたかったのだがはっきり解からないので断念し上流のある区間を釣る事にした。

そこは支流が流れ込んでいる場所で最初は本流を釣り下り合流点から支流を釣り登ろうと言う事になった。

 

川に降りると美しい流れが僕らを迎えてくれた。

足元からは魚が何匹も走り期待も高まっていく。

しかし釣りを始めると期待とは裏腹にまったく反応がなく支流の合流点まで到着。

だが支流に入るとそれまでの状況は一変した。

二人で交互に狙っていくとポイントごとに反応があり綺麗なイワナが釣れるようになった。

イワナの出方も吸い込むようにフライを咥えるものばかりで、中部地区ではあまり見かけない光景に夢中で釣り登った。

ただこの辺りのイワナのサイズは20cm前後と僕の記憶とは一致せず24cmが最高だった。

  

たぶんもっと下流に入らなければいけなかったかもしれない。

しかし美しい景色の中、無邪気にフライを追うイワナ達を釣っているとそんな事はどうでもよくなってきた。

また次回の楽しみにしよう...

 

約束の時間を間違えて1時間早く川を後にしてしまった。

まだ時間があるので閉伊川本流を少しやってみる事にする。

橋の下のプールには何匹かの魚影が見え時々ライズしている。

かなり良いサイズみたいだ。

この時お会いしたフライマンの方は僕らが入った辺りを釣っていたとの事で最初まったく反応が無かった理由が解かったような気がした。

かなり釣れたみたいなので魚はやはり沢山いたのだろう。

少し安心した。

あとでTHE-Oさんから聞いたら毎週東京から通っているという兵だったみたいで僕らもまだまだだな?と思ってしまった。(爆)

 

ライズはTHE-Oさんに任せて僕は本流を釣り下る事にした。

岸際の木が覆い被さる日陰を流すとすぐに反応があった。

いきなりだったので少し焦ったがしっかりフッキング24cmほどの綺麗なイワナだった。

その後も釣り下るが20cmほどのイワナが一匹釣れた所で先ほどの木の覆い被さった辺りが気になり、また戻って狙う事にした。

先ほどよりも少し下流に覆い被さる木が少し切れる場所があり何か気配を感じた。

少し距離を置き狙ってみる。

偶然?上手くコントロールされたラインはフライを絶好のポイントに運んでくれた。

出るぞ!と期待した瞬間、ゆっくりとフライにイワナが出た。

なかなかのファイトを見せた会心の1匹は27cmのイワナ。

写真を数枚撮りさらに木の間を狙っていると上流の橋の上にHardyさん、Rustyさんが戻ってきていた。

約束の4時は過ぎていたみたいだ。

急いで川から上がりお互いの状況を報告し会う。

別の支流に入ったお二人もかなり良い釣りが出来たみたいだ。

お二人は本流で釣りをしている僕らに気がつかなかったみたいで、かなり待っていたとの事。

ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

 

Hardyさん、Rustyさんとはここでお別れ。

互いの健闘を誓って閉伊川を後にし僕とTHE-Oさんは山形へ向かった。

途中、イブニングに田園風景の中を流れる川でライズを見つけ少し狙ってみたがどうもウグイっぽかった。

中には大きそうな奴がいたのだけれど...

春先なんか良さそうだなと思いながらも、ここも後にし一路今日の宿泊地の遊楽里を目指す。

遊楽里に着いたのは、かなり遅い時間だったが思ったよりも綺麗な施設で温泉に浸かった後、翌日の計画を詰めて深い眠りについたのだった。

 

東北釣行3日目へ