2002年2月3日
釣行記 〜2002開幕〜

 

いよいよ2002シーズンが開幕した。

初釣りはやっぱり長良川!

前日の天気予報は雪か雨という事で心配したが着いてみると天候は曇り。

気温もそれ程低くなく朝からライズが有っても良さそうで期待が膨らんでいく。

 

予定していたポイントに付くと誰もいない。

ゆっくりと支度をしライズを待った。

暫らくすると数人のフライマンが来たがほとんどの人はライズが無いのを見て他へ移動していった。

少しいやな予感...10時までそこでライズを待った。

たまにすごいライズが有るがそれはニゴイで本命のライズは一向に無かった。

結局場所を移動。

有望なポイントを下流から順番に見ていくが何処もライズが無い。

 

一箇所だけライズしているところが有ったがそこは既にフライマンで溢れていた。

仕方なく本流を諦め支流に向かう。

超有名ポイントは限られた範囲でライズが有るみたいで、やはりフライマンでごった返していた。

ここも諦め、さらに上流の以前Akaさんから教えていただいたポイントを覗いてみる。

暫らく見ていると散発でライズが有った。

餌釣りの人が数人いたがあまり釣れないらしく次々に帰っていく。

すると散発だったライズもだんだん安定してきた。

ほぼダウンでそのライズにフライを送り込むが微妙なドラックが掛かってしまいフライが通過すると警戒してライズが止んでしまう。

暫らくしてまたライズが始まったのでもう一度やってみたが同じように無視され今度はまったくライズが無くなってしまった。

暫らく待ってみたがライズは一向に始まらず場所を移動する事にしてさらに上流に移動した。

しかし着いてみると結構マイナーなポイントだが既に3人のフライマンがキャストを繰り返している。

ライズが有るのか確認できなかったが、ここも諦めるしかなさそうだ。

THE-Oさんからの情報で下流の超有名ポイントの流れ込みでライズが有るかも?と教えていただいていたので行ってみる事にする。

着くと次々にフライマンが引き上げてくる。

「やっぱりライズが無いのかな?」少し諦めモード。

教えていただいた流れ込みのあたりを目を凝らして見てみるがやはりライズは無い。

プール下流のほうではライズしているがそこは既にフライマンが狙っている。

よく見るとそのフライマンが狙っているライズの少し上流側でもなにやら小さいライズが有るが誰も狙っていないのが少し怪しい。

「ウグイかな?」と思ったが一応狙ってみた。

結果はすぐに出た。

フライをキャストするとほぼ一発で反応があり何度目かにフッキング。

やたら軽い。

釣れたのは思ったとおりウグイだった(泣)

今年の初釣果&Newロッドでの初釣果がウグイでかなりショックだった。

釣れちゃったものは仕方が無い。

気を取り直してライズしているところを見ると、もうちょっと下流で少し大きめのライズが有る。

「あれはシラメかも?」

と思いこみ狙ってみる事にする。

そのライズのあたりにキャストすると一発で出た!

少し重い。

今度こそ!と思って引き寄せるが魚体が見えた瞬間体中の力が抜けた。

やっぱりウグイだった。

ここも諦める事にし本流をもう一度見て回る事にする。

 

午前よりも上流のポイントを2箇所見て回ったが風邪も強くなっていてライズも無いみたいだった。

美濃の辺りまで下ろうか?とも思ったが道路は渋滞が始まっていて間に合いそうに無い。

いろいろ思案した結果、昼間ライズの有った支流のポイントへ戻る事にする。

着いてみるとライズは無かったが他に行くあても無くライズが起こる事を信じてここで待つ事にした。

暫らくするとライズが散発で始まった。

ここで始めてしまうと昼間のようにすぐにライズがなくなってしまうかも?と思いもう暫らく待つ事にする。

5時前後、急にライズが増え始め僕の周りはライズだらけになった。

最後の最後に訪れたチャンスに僕は夢中になってキャストを繰り返しフライをライズに送り込む。

しかし、どのライズもフライが虚しく流れるだけでまったく反応しない。

フライも何度かチェンジしてみたが結果は同じ。

悔しくて暗くなるまで粘ってみたが結局、最後まで相手にされなかった。

思い起こせば2年前のイブニングでもここのライズは釣る事が出来ず悔しい思いをした事がある。

「機会があれば、また挑戦してみよう」と思った。

 

−完−