2002年2月24日
釣行記 〜ライズ探しと日向ぼっこ〜

 

この日は飛田川支流の川へ

上流から実績のあるプールを見ていくが何処もライズ無し。

やっぱり時期的に早いかな?と思ったが最後に去年良い思いをしたプールに行ってみる。

一見ライズ無し...

ダメかな?と思ったが目を凝らしていると一箇所だけ散発でライズしていた。

急いで支度をし川に下りるとまだライズしている。

一投目は少し手前過ぎて失敗。

次は慎重にキャストすると良い流れに乗ってフライはライズ地点へ...

「バシャッ!」釣れてきたのはわりと綺麗なアマゴだった。

このポイントはこの後ライズも無く、あちこちまわってみたがダメ。

途中、風大将さんと落ち合いさらに上流の有望ポイントにも行くが、そこもダメ。

一山超えて別河川に行ってみる。

ライズはあったが超散発だったのと天気があまりにも良いので川原で日向ぼっこ。

ここで釣りをしながら旅をしている富山の方と知り合い楽しい時間をすごした。

かなり長い間話し込んでいたが、そこへ夜勤明け(だったかな?)のTHE-Oさんと、木曽猫さんも参戦。

結局また話し込んでしまった。

暫らくたって、富山の方が釣りに向かわれたので僕らも釣りをしてみることにする。

僕は釣り上ってみたが瀞瀬で一度アタリが有ったのみだった。

イブはお馴染みのローマンキャンプ場に向かう。

ライズは有ったがライズを狙える場所には先行者がいたので僕は対岸側へ渡りアップで狙うことにした。

でも、数回キャストしたら警戒したのかライズもなくなり沈黙...

結局、朝の一匹でこの日は終わってしまいました。

 

−完−