2002年3月10日
釣行記 〜飛騨川水系探釣〜

 

この日はTHE-Oさんと飛騨川水系を探釣。

本当は木曽へ行く予定だったのだが途中から車が多くなってきた事もあり帰りの渋滞が気になって急遽変更。

どちらにしても3月中に一度は飛騨へも行く予定だったので問題は無い。

この時期にその川を訪れるのは初めてだったのだが行ってみなければ分からない。

そうやって経験を積み重ねる事で次の年へ繋げていけばいいと思った。

 

結果は目的の区間ではライズも魚からの反応も無かった。

昼まで探ったが結局、状況は変わらずライズを探してどんどん下流へ移動した。

ライズが有るか分からなかったが今まで入った事の無い場所の流れが気になった。

とりあえず探ってみることにする。

すぐに反応があり小さいながらも綺麗なアマゴが釣れた。

 

気を良くしてどんどん釣り上ると小さいながらもアマゴの反応がある。

分流している辺りまでに5匹ほどのアマゴが釣れたがどういうわけかそこから上流ではピタッと反応が途切れた。

暫らくそのまま釣り上ったが雨がぱらついてきた事もあり釣りは終了。

 

期待していた区間では残念な結果に終わったが今年は新たなポイントを見つけることが出来た。

また、4月になったら訪れてみようと思う。

 

−完−