2002年6月29日
釣行記 〜「流芯のヤマメ」〜

 

釣行一週間前から天気予報に一喜一憂していたが結局大どんでん返し?

大きく崩れる事はなさそうだと知り車の運転も心なしか快調?

実はタイヤがセミスリック状態だったので雨は非常に心配していた。

日曜日は東海方面は雨との予報だったので帰りが少し心配だが、「何とかなるさ」と楽天的に考える。

 

早朝、目的の川に到着。

少し肌寒いが天気も良さそうなので昼間は暑くなるだろう。

雨が降らないだけでも感謝するべき所だが「少し曇っているくらいが良いのに...」と思ってしまう。

本当に釣り人は勝手だ!(爆)

これから始まる二日間、はやる気持ちを抑えるように、ゆっくりと準備をして川原に降り立つ。

目の前には素晴らしい景色が広がった。

とりあえず上流に堰堤が有るのでそこまで釣り上る事にする。

しかし...

行けども行けども反応は無い。

それでも気落ちせずロケーションの素晴らしさに引き込まれるように、ひたすらポイントを叩いていく。

堰堤まであと数百mという所で石裏ポイントから、かなり大きなイワナ?が数度出たものの乗せる事ができず、さすがにこれはショック!

堰堤下では絶対出るだろうと思っていたのにまったく反応無し...

かなりの距離を釣り上ったのだが結局ボウズとなってしまった。

いったいどうして???

それほど落ち込みはしなかったが、何よりも魚影の薄さが気になった。

 

昼からは隣の川へ移動。

昔、職場の釣り仲間と訪れた時、爆釣した上流部へと入ってみる。

堰堤が続くこの区間はだいぶ変わってしまったが程々に反応が有り堰堤下では29cmのイワナも釣れた。

 

これで少し余裕ができたのでイブニングのポイントへ移動。

最初の川へ戻り大きな堰堤の流れ込みを狙うことにした。

ハッチも無く少し早かったが川原の石に腰掛けて流れを見ていると対岸でガサゴソ音がする。

「何かいる!?」

その主をデジカメに撮ってやろうとファインダーを覗いて待っていると黒い塊が木々の間から一瞬見えた。

熊だ!

どうやらこちらには気づいて無い様子だったので僕もそのままファインダーを覗いて撮影のチャンスを待った。

対岸までは20m以上有り、おまけに間には激流が流れている。

もしこちらに気づいて川を渡ってこようとしても車まで(距離20m)逃げる余裕は有るはず。

それに下手に逃げるほうが危険だと思った。

しばらく待っていると茂みの中から全身を現したので、すかさずシャッターを切る。

しかし2ショット目を終えた所で、こちらに気づいたのか走るように茂みの中に入ってしまい二度と姿を現すことは無かった。

とりあえず撮影は成功。

Newデジカメの280mm(35mm換算)の望遠はこんな時に役立つ (^_^)v

 

18時ごろ、水棲昆虫のハッチが始まった。

ライズは相変わらず無かったが意を決して手前の筋から探ってみることにした。

やはり反応は無い。

対岸側には激流の流芯に合流するもう一つの流れがあった。

出来るだけ上流側に回り込み流芯をクリアして、その流れを狙う。

上流側から狙っていくが、こちらも反応は無い。

そしていよいよ核心部である流れが合流するポイントを狙うことにする。

ここで出なければ釣り上っていこうと思った。

対岸からの流れにフライを乗せて大きくメンディング。

ドラックフリーで2、3m流れてくれればいい。

フライは流芯へ達した。

「バッシャ〜ン!!」

やっぱり出た!軽く尺越えと思われるヤマメだったが惜しくもフッキングしなかった。

もう一度トライ。

流芯へフライが達すると同じように半身をさらけ出してヤマメが飛び出す。

しかし、またしてもフッキングミス。

結局かなりの時間粘ってみたがもう一度だけ反応したのみでフッキングさせることは出来なかった。

かなりショック...

流芯付近はかなり激流で波立っており、どうしても微妙なドラックが掛かってしまうのだろう。

少しでも確率を上げる為には上流から対岸へ回り込んで狙うべきだったが先ほど熊が出たばかりという事も有り、それは出来なかった。

結局この日のイブニングは20cmほどのヤマメを釣ったのみで終了。

明日、もう一度やってみようかとも思ったが、もう一つの目的地へ向かわなければならない。

後ろ髪を引かれながらも近くの温泉で疲れを癒し次の目的地へと向かう事にした。

 

明日は初めての川、どんな川か以前から気になっていたが流程が長くどの辺りに入ればよいのか解らないということで敬遠していた。

しかし今回は何時もお世話になっているプロショップのオーナーからお勧めポイントを教えていただき、決心することが出来た。

期待と不安が入り乱れるなか目的地に到着。

途中のコンビニで買ったビールを一気に飲み込みシュラフに潜り込むと急激な睡魔に意識は遠のいていった。

 

−北陸釣行2日目へ−